- comments
- trackbacks

スコアがどんどん開きやりたい放題やられていく中で諦めました。
映像は見えなくなりファイナルスコアはネットで見ました。
何も出来なくてミスが多くて最後の試合は一番酷い内容だと思う。
連敗から脱出した赤龍は強かった。というか他が駄目だろう?と思える。

昨日kids達が同じパターンで優勝を決めました。
心の中ではこの逆もあると思っていたのは確かです。
kids達も1敗と全勝の対決でしたからね?
だけどそんな事はないと信じていたのも確かです。

試合前赤龍は屋根を閉めました。
ここで勝負が決まっていたのでは?と思えるのです。
オープンルーフの中でオーウェン君は蹴ってきたけど彼自身クローズルーフで蹴ったこと無いじゃないかな?
第一にイングランドにはクローズルーフなんてないし私は好きではない。
スターターをオーウェン君にしたのは首脳陣の考えだから仕方ないけどtobyが昨日も書いたけどクローズルーフでの確率が高いものがある。RWCの思い出したくもないけどプマース戦です。
ブクリンのチームの本拠地は白い柱で屋根があると言うキッカーには蹴りづらいスタジアムです。
そこの精度の確率ナンバー1が当時「勘違い大馬鹿野郎」のtobyでありました。
だからその選択もあったのではないかな?まあ結果論だけどオーウェン君の精度は落ちていたからね?

あまり詳しくは書きたくない。多分見直す事ないと思うからね?
昨年も赤龍優勝の映像や記事は見ていないから。
とはいえイングランドが弱いとは思わない。
イングランドは完璧なチームではないしこれからまだまだ伸びていくと思う。
1年前の6Nから今年の6Nはチームが成長しているからね?
だけど昨年もイタリア戦が雪で思うようにプレー出来ずに得点が取れなくて赤龍に追いつけなかったけど
今年もやはりイタリアでしたね?愛蘭に勝ったけどイタリアも伸びてくるチームかな?

赤龍おめでとう。次はLionsで共に戦うことになるのかな?
とはいえ切り替えは私の中ではまだまだ難しいけどね?
仕方ない。完敗だから。どうしようもないから。

アンチイングランドの皆様!おめでとうございます。
イングランドが負けて清々しい朝になりましたね?
スポンサーサイト

泣いたり笑ったり 2015年に向けて まだまだ道は続く

Gameday! Englandboys! Comen on England!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。