- comments
- trackbacks

昨年の蕨は怪我人に悩まされた。オコ君は蕨代表は全休となった。
ポー様が8月に爺も8月に骨折でギニアさんも倒れた。
まあ怪我人怪我人で
丈夫な蕨は数少なく本来なら引退をされているはずのシャープ叔父様には春の遠征で欧州まで残って頂いた。
それを思うとマーケルは試合中にあれだけボコられても怪我無しでここまで来ている。
体も大きくなっているけどマーケルは丈夫だと思うよ

さて、そろそろ「蕨野戦病院」が開いてきた。
蕨が全員揃う前に既に怪我人離脱が出ているのだから仕方ない。
イオさんも間に合うのか?微妙な位置にいるらしいね?
イオさんいてほしいと思う。間に合って欲しいと思う。
赤組戦でヒギボザさんが負傷したんだよね?
ライオンズ戦にはまだ「ダメだし」は出ていないみたいだからこちらも間に合って欲しいと思う。

残り6人は11日に発表されるけど気のせいか?みんな「間に合うか?」リストになっている気がする。
若手を使うとしても蕨自体が若いし20歳以下はフランスへ行っている。
マーケルでさえ21歳だからね?同級生の彼は背も高いし良いと思うけどね?あ、シモちゃんと被るね?
ラインアウトはライオンズには負けないと思うけど?その先のお楽しみとしますか?
私のいちばん心配は爺だけどね?
爺がいるのといないとではまた蕨への気持ちが違うのよ。いつしか爺がいないと淋しいのよ

また蕨の「無病息災」を祈願してくるかな?

Scott-Higginbotham-close-up-for-Wallabies_2952070.jpg
ヒギボザさん間に合ってね
スポンサーサイト

Enlandboys! 南米遠征初戦 41対21

2013 2014 Heineken dollow 5june

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。