- comments
- trackbacks

馬組とレベルズの試合は今シーズン目立つTMOが全くありませんでした。
イエローもありません。
試合が凄くスムーズに流れていた気がします。
普通ならTMOを使う場面も全部自分の目で見て判断されていた。
今シーズンはTMOが多くて試合が止まり流れが悪くなりアディショナルタイムが異様に長かったりした。
馬組もそれで犠牲になったこともあります

藤島大先生情報だと元選手でありポルトガルで27キャップを持っているそうです。
でウィキを見てみました。
選手から指導者と来て今はレフイーと言う経歴は珍しいそうです。
見ると身長は188センチあり体重も88キロと見事な体格です。
私はこの審判は始めて見ました。
大事な試合は吹いて欲しいと思います。

何処かの誰かさんみたいに自分で試合を壊す主審もいます。
何やらイングランドから嵐がAIGに来ているみたいね
その余波ではないがアシスタントがまた「嵐を呼ぶイケメンレフリー」でしたね?

ROHAN_HOFFMAN_E_CARLOS_MIRALDO (PSP)
(portgal union)
右がhoffman氏です。プレミアファイナルを吹いて欲しかったね?
これから注目していきたいレフリーです

スポンサーサイト

馬組の試合を見た

superugby17 Brumbies39Rebels17  不思議な馬組

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。