- comments
- trackbacks

http://www.rfu.com/news/2013/june/news-articles/180613_engu20_nz_report
こちらがハイライト映像です。
http://www.youtube.com/watch?v=5fPsgb2FIzc

この試合はセミファイナルの2試合目です。
1試合目で既にライバルの赤龍20がファイナルへ進んでおります。
その赤龍達もスタンドで観戦しております。
赤龍ファン達は余裕で見ております。
イングランドでベンチ入りしないメンバーもスタンドで観戦です。
アンセムはNZからです。まあここは早送りしてイングランドアンセムを聞きました
微妙に音がずれているけどまあご愛嬌で一生懸命歌ってますから
カメラはウィングのハワード君を抜くけど彼って背も195あるし顔も悪くないよね?
脚が半端なく長いでございます。
今回のU20はイケメン系と可愛い系癒し系に別れております。
まあ私はみんな可愛いのですけどね
U18から見ているメンバーは凄く大人っぽくなっている。
相変わらずいじられているのがサム君だね?18からずっといじられキャラです
この大会怪我をしてるみたいだけど試合には出ております。
おそらくハカを間近で見るのは始めてだろうね?
NZが威嚇してもイングランドはみんな涼しい顔をしていた。
NZに飲まれないとしていたのが解ります。

スレイド君のキックで始まります
最初に動いたのがNZです。
ボールを持つと早いけどイングランドはDFがめちゃくちゃ良かった。
前に進もうとするNZを2~3人で抑えていた。
先に先制はイングランドでした。スレイド君の正確なキックが決まります。
TRYはイングランドは3本でした。
ファーストTRYはmatthankin君でした。sarriesの選手です。
skipperのcliiford君が持って独走します。シングルハンドにする余裕もあります。
というかここでNZついてこれませんでした。
そしてHankin君にパスしてそのまま飛び込みました。
彼も脚が早いね?
ワトソン君はTRYを決めたけどその前にノッコンをやっている。それがフラッグでした。
NZの攻撃を2人3人と止めている。
ラインアウトは面白いことやっているね?
ボールを入れる前に打ち合わせをしているんだよね?
そして入れ方もただのストレートではない。
37分NZのパスミスをインターセプトしたワトソン君が独走で走りTRYを決めました
コンバも失敗なく決めて20対8となりました。
後半はNZが追い上げます。23対18まで来ました。
試合後にイングランドの子達が「疲れた」と言っていたけどピッチで倒れている選手も増えてくる。
しかしスレイド君が強気のボール回しをするので選手も切れないまま集中出来ているよ。
スレイド君は蹴る時もDFとOFをやるときもどちらも強気です。
早いパス回しです。そして誰がどこにいるのか?きちんと見ております。
23対21と迫られる。反則だけは気を付けないとね?
73分TRYラインで攻防です。TMOになります。
認められました。30対21
スレイド君5本蹴ってミスなく決めました
76分にはウィングのハワード君が足をつりました。
ここで交代します。拍手です
試合後は元気で良かったです。
88分にイングランドPGで33対21のファイナルスコアとなりました。
やっとスレイド君の笑顔が見えました

NZに比べれば世界的に有名な子はいない。
試合前にプレビューをやっていたけど誰しもNZの勝ちだと言う。
まあそうだろうね?
だけど今のkids達はチームがまとまっている。
プレミアのチームもあれば下部のチームからも来ている。
しかしそういう垣根を越えてまとまっているのです。

昨年のどん底チームからここまできました。
長いスパンでチームを作り6Nで結果を出してここに来ました。
スレイド君覚えてくれたでしょうか?
北のスレイドは違いますよ!

試合後はチェンジングルームで疲れていたkids達だけど明日には元気になると思います。
怪我人が1人出たけどカバー出来ると思うから心配はありません。


1029951-16599596-640-360 (PSP)
(Rugby sport right naw com)
スポンサーサイト

England U20 先輩達も応援

チームワークで勝つ! Brumbies14Lions12 馬組!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。