- comments
- trackbacks

http://www.rfu.com/news/2013/june/news-articles/220613_eng_u20_team_wales

ライオンズでは呉越同舟だけど若造達は違います。
明日です。JWCのファイナルが行われます。
ここに立つのは我がEnglandと赤龍です。
赤龍は昨年はベスト4に残りましたのでファイナルへ来るのは不思議ではない。
だけどEnglandは昨年は蕨若造と7位と8位を争っていました。結果は7位です。
今年も脇役のEnglandです。
BabyAIGやBabyboksやプマース若造などに比べて扱いは小さい小さい。
世界的に有名な若手がいるわけではないしね?
だけどセミファイナルで回りが「AIGAIG」と唱える中で無名なEnglandが世界的に有名な若手が揃うAIGを倒しました。しかしその報道は日本ではないけどね?

ファイナルは若造6Nと同じ赤龍若造です。
6Nでは全勝の赤龍を最後に逆転したのがEnglandでした。
私も勝てるとは思いませんでした。
その赤龍との再戦です。
ここが赤龍若造のトップクラスです。
何やら有名な若造揃いでEnglandは無名です。
しかし雑草がエリートを倒す事もあります。

メンバーは大きな変動はありません。
昨年の大会後のどん底チームを9月に立ち上げてここまできました。
6Nを3連覇出来て自信になったかもしれません。
明日はこのチームの集大成であり最後の戦いとなります。
卒業が控えているkidsと来年も戦うkidsがいますがどちらも悔いなくEnglandらしく
誇りを持って戦って欲しいと思います。

Henry+Slade+England+U20+v+France+U20+_N8KUV3VHUKl (PSP)
(ZIMBIO) 
JWCでも好調をキープしているslade君
順調に育つEnglandの宝です
チャンピオンに向かって蹴ってくださいませ
スポンサーサイト

笑うな!

時は来た! Gameday Come on Wallabies!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。