- comments
- trackbacks

ウィンブルドンテニスはマレー選手が「英国人」としては77年ぶりの優勝を決めました。
負けた王者ジョコビッチ選手も王者らしい粘りに粘った試合でありファイナルに相応しい試合だと思った。
しかし地元のマレー選手といえ観客のマナーは?でした。
それは騒ぎたい気持ちも解るけど目の前で凄いことが起きてるのだからね?

ちょっと前・・・いやかなり前だ。
ファイナルに某豪州の選手が上がってきた。
相手はピークが過ぎたベテラン選手でワイルドカードで出場していた。
戦前は圧倒的に某豪州の選手です。
「勝てるわけねぇだろう?」
そういう目で見ていたファンも多かったと思う。
それ以上に目についたのがスタンドの応援に来たと思われるオージー達です。
カンガルーのエア縫いぐるみを持ち込んでスタンドで揺らしながらしていたり主審に「静かに」と言われても全然聞かない馬鹿共
ある部分だけ騒いでいるから直ぐに解るよ。
優勝はベテラン選手でした。
スポンサーサイト

ブクリン様嫌いじゃないね?今泉さん?

次が誰になろうと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。