- comments
- trackbacks

久し振りの更新です。
サッカーまでちょっと手が出なくてすみません。
おチェル負けたね?
試合は一応見たけどほぼ流しで他のことをやりながら見ていた。
結果は知っていると言う反則だけどね

AVBスパーズはエバートンと引き分けでおチェルが負けたから勝ち点が並んだ
まあそれはいい。私はAVBもおチェルも応援しているから
共にCLを取って欲しいと願うよ!
そのスパーズだけどGKロリスがエバートンのルカク君の太腿が頭部に当たり一時倒れたけど再びプレー続行させたという判断が問題になっている。
ロリスの意思ということだけどこれって大事無かったけど一歩間違えば大変な事になるんだよ?
脳震盪起こしていたならなおさらでしょ?
立ち上がっていたのも怖いと思った。
まあスパーズのドクターとAVBが決めたのなら仕方ないけどね?
それは脳外科医などは驚くよ!頭を打った人間にプレー続行ですから。
昔におチェルのテリーがガナの若い選手に頭を蹴られたことがありました。
おチェルの選手だけでなくガナの選手も心配してくれてドクターをピッチに呼んでくれました。
テリーを起こそうとした選手もいたけどそれはやってはいけません。だけど気持ちは当時嬉しかった。
そして最初に来てくれたのは代表でもドクターをしているガナのドクターでした。
テリーの軌道を確保して素早い対応をしてくれました。
おチェルのドクターと共同作業でした。
テリーはここで退場して優勝したのでそのあとのパーティは出ていたというからタフな方です。

ツェフの場合はその試合を見ていたけど相手選手の深追い気味で頭を蹴られました。
その時は意識はありましたけどピッチでは寝かしたままでストレッチャーで運ばれた。
メディカルがツェフの前に指を出して感覚を見ていたね?
結果交代したけど通路の所で容態が変化したと後から聞いた。
直ぐに搬送されて手術したけど3日間意識がなくてその頃のインタビューで「激しい頭痛に悩まされる」とツェフは言ってた。
ロリスの件と比べないで欲しいけどね?

ラグビーはたとえ本人が「大丈夫から」と言っても試合続行は出来ません。
ラグビーで一度ピッチを離れて戻れるのは出血の治療のみです。
たとえ大事なくても試合続行は出来ません。
首だってギブスで固定して搬送されます。
それだって何とも無くてです。

頭はその場では解りません。
ロリスは幸いにも何もなかったらしいけど少なくともプレーはさせないと思うけどね?
本人が何ともなくても大事を取ることも必要だと思うけどね?
私は医者じゃないから何とも言えないけど回りが止めるという判断も出来たかもしれないね?
娘の学校で頭を打ち「大丈夫から」と病院も行かずに帰宅してその日の夜に急変して帰らぬ人になったという事がありました。
それ以来どんな小さな怪我でも本人が大丈夫と言っても病院へ行くように言われております。
スポンサーサイト

AVB クルルにやられる!モチコース!

名波氏が・・・ジュビロ良いのか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。