- comments
0 trackbacks

1分け2敗でも帰国すれば「感動をありがとう」と拍手出迎えてくれるちょっと異常な国の日本。
監督解任して早くも次の監督が決まりそうである。協会が好きそうな監督みたいだ。
エスパニョールを率いたといってもリーガ13位ですからね?

そんな日本代表に10月にブラジルとの親善試合の案があるという。
タレント軍団ブラジルはまだW杯を戦っている。
10月といえば各国のリーグ戦が始まっている。
チェルシーでもオスカルがブラジル代表でいるけどそんな時に日本まで親善試合とかでは行って欲しくないと思う。
ネイマールだってそうだろう?ブラジルで試合をするわけではないのだから日本まで往復なんて飛んでもないだろう。
このカードを10月にやってファンは喜ぶと思うのかな?
まあ日本代表しか応援しない人は早々と日本代表が見えてブラジル代表が見えると嬉しいかもしれない。
でもこのカードをやる意味があるのだろうか?
早々監督決めて試合をして「新生日本代表」とか売り出したいのだろうか?
協会はこの大会の反省を何もしていないじゃないか?
おまけに監督の回りは全部外国人コーチとなるとか?
言葉はどうするの?通訳ってその人の言葉をすべてストレートに伝えているわけではないからね?
トルシエ監督時代の通訳をされていたダバティ氏は同時通訳みたいにすぐに伝えていた。
回りがスペイン語だらけのチームで意思は伝わるのだろうか?

前監督に責任を押し付けて何事もなかったように次の監督人事を進める協会って駄目じゃない?
まずは今大会の反省と未来ビジョンを行ってからだと思うけどね?
何を慌てているのだろう?
スポンサーサイト

W杯はベスト8へ! まずはフランス代表応援です!

韓国は嫌いだけど日本よりマシかな?

trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。